ゲロを吐きながら必死に生き抜くブログ

幸せについて本気出して考えてみたアラサー女の婚活奮闘記。通称「ゲロ抜き」

クリスマス前に年収800万以上の婚活パいったときのこと

なんでこんなゴミブログはじめたんだろ・・・

のっけから諦め入ってすみません。このブログ更新するの早くも嫌だwなんでこんな醜態さらさなきゃいけないんだよ鬱になるわ。あ、鬱だったわ。

 

****

 

時はさかのぼること10日ほど前。クリぼっちは嫌だなと思う反面なんにも動きたくない鬱症状がひどいので、ゆうてとりあえず行動だけしようと思い、婚活のイベントに参加しました。参加費用女性2000円。非モテの巣窟でしたわ

実はいい年して婚活パいったことなくどういう感じかドギマギしていたのですが、個室っぽいところに通らされて、女性は座ってるだけ、男性はくるくる席をまわるタイプのやつでした。わたしの隣に座っている人はわりとイケメンだったのでワンチャンあるかなと思ったのですが、さすがリアルプロの独身。現実は平匡さんと違ってグズ野郎でした。

平均年齢35くらいのおっさんの巣窟のなか、わたし若いや~ん☆と思ったけれど、27才は若者扱いされませんからね。平成ブランド潰えたり。そしてリアルガチに35年間独身で生きてきた人は見も心も塞ぎきっていて、受け身姿勢で、はなからパートナーになる気はないっていう。私なら、とりあえず参加したし、一発ヤッて相性が合わなかったねってことで捨てたらええんちゃう~~って軽く思いますけれど、それは若人の考えであってジジイは「ハズレやな」と思ったら一発のワンチャンもせずただ殻にこもっていました。イヤホンつけてがっつり音楽聴いていますて感じで自分の世界に入り今日もまっすぐ家に帰るんだ。飯くらい食えばいいのに

私はとなりのおっさんにLINE聞かなかったのを後悔したけれど、おっさんはLINEしないそうでますます出会いないやんおっさんと思った。

 

そしてそんなおっさんにも選ばれない私・・・・・・・・・・・・

 

まじで死んでしまうかもしれないと思った。。鬱レベルがK点突破して久しぶりに寝込んだ。いけてないおっさんに選ばれず誰からも好かれずむしろ嫌われる自分の存在意義について考えたら死にたくなったし、この日は本当にツイていなくて、鍵なくしてくそ寒いのに家はいれず、ヤケ酒もむなしく、もうほんっとにつらい!またおなじ目に合うくらいなら婚活なんて二度とするもんかと思った。本当に死にたい。きつかったこの時は。

いまはそんなおっさんこっちから願い下げやん!って思えてきてる。

ポジティブな発見もありました。

おっさんたちとお話してて逆に自信ついたんですよ。なぜならおじさんたちは本当に35年間こじらせていてコミュ症なのがしぐさとかでしゃべる前からわかったし、「あぁこれはもてないな」っていうのが本能でわかったし、こんな状態では仮に付き合って結婚しても苦労が耐えないと思ったし、なにより交際期間が楽しくないと思った。このこじらせぶりをこじ開けて自分のものにするのは並大抵の努力では叶わないなと思ったのです。山本耕史くらいぐいぐい行くしかないんでしょう。

800万以上ってゴミしかいないと思い込んでいたけど、(実際ゴミのようだったけど)案外イケメンもいたし、10くらい年はなれてるの、ジジイすぎて臭すぎて話あわないと思ったけど意外と話せる。意外と臭くない。これは新たな発見でした。ですので私はこれから年上でもOKというスタンスで勝負していこうかなと思えました。それは本当に新しい扉を開けたんじゃないかなと思っています。